工業×執筆 のハイブリッドな視点からエンジニアの世界を表現する

カテゴリー:工業・科学・理科

【動画つき】プラスチック製品の製造方法(射出成形)

プラスチック製品の作り方 身の回りにあふれるプラスチック製品。 これがどのように作られているかは知っているだろうか? 基本的にプラスチック製品は 材料となるフレーク状のプラスチックを温めて溶かし それを金属の型の中に流し込んで…

詳細を見る

リケジョの理想(アイコン)と現実(リアル)

私はリケジョ 工業系、エンジニアを標榜していることからも分かるように、私は理系である。 高校から理系コースに進み、理系の学部を卒業し、理系の仕事に就いた。 バリバリのリケジョである。 でも、個人的な気持ちとしては「私はリケジョ」とい…

詳細を見る

相関と因果と理系

相関と因果 相関と因果の違い。 平たく言うと、相関とは何かの値が変化するともう一方の値も変化するもの。 因果とは何かがあるから他の何かが変わるもの。 時にこの2つは混同して扱われる。 分かりやすく例を挙げてみよう。 身に着け…

詳細を見る

紙図面の記憶

工業技術や手法の歴史が問われる 工業ライターをやっていて意外と多いのが 工業技術や現場管理の方法の歴史的な変遷について書いてほしいという依頼である。 例えばネジであれば、 昔は鉄の棒に糸をらせん状に巻いて印をつけ、 その印に沿って…

詳細を見る

エンジニアライターの強みは「現場」を知っていること

経験したことは分かりやすい 例えば「学校生活」と言われれば、ほとんどの人はその様子をイメージすることができるだろう。 一方で「億万長者の生活」と言われると、その実態を想像するのはなかなかに難しい。 学校での悩み事や頑張ったことなどの話…

詳細を見る

【いつもそこに《工業》】2017年3月まとめ

自由度の高い加工 溶接 手すりの溶接 安全を考えるのも設計 収集車のゴミ投入口の下にある緊急停止バー。安全装置をどのように設置するかも設計者の大事な役割。 素材選びもモノ作りに…

詳細を見る

理系にいる3つの人々

理系とは 理系には大きく分けて3つの分野がある。 医学・理学・工学 の3分野だ。 ひとくちに理系といっても 、この3分野には結構高い壁がある。 例えて言うならば 「アジア人」と一口に言われても 東アジア、東南アジア、中央アジ…

詳細を見る

レアなサイズのアレ

街中でよく見かけるコレ。 鉄骨と板をボルト&ナットで留めている。 これは例えるならホチキスのようなもの。 穴を開けて2つのものを固定している。 どこでも見つかる、普通のボルト&ナットである。 さてこちら。 …

詳細を見る

目撃!エスカレーターの内部

エスカレーターの内部 通りすがりで、エレベーターを分解&点検しているところに出くわした。 今日はツイてる。 念のため作業員さんに一声かけて、写真をパチリ 分解されたエスカレーターが積み上げられている。 こんな風にキッチ…

詳細を見る

行き過ぎ? 労働災害防止活動

ホントにあった笑える労働災害 エンジニアとして某メーカーで勤務していた時のことだ。 緊急集会の招集がかかった。 全員参加。 聞けば社内で労災(労働災害)が発生したのだという。 労働災害とは辞書的には 労働者が業務中もしくは通…

詳細を見る
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930