工業×執筆 のハイブリッドな視点からエンジニアの世界を表現する

誰でも「イイネ」な写真が撮れる!たった一つのキーワード

Pocket

写真はメッセージである

いい写真のポイントはたった一つ。
メッセージが感じられるかどうかだ。
一番大切なのは、構図でも光の当て方でもない、
あなたがその写真で何を伝えたいかなのだ。

考えてみてほしい。
あなたがそこでスマホやカメラを構えているのは何故なのか?
写真を撮ることで何かを記録し、誰かに伝えたいからだ。
だから、いい写真=メッセージを感じる写真 なのである。

 

写真が伝えるメッセージとは?

いきなり「メッセージ」だと言われても難しく感じるかもしれない。
なので、例を見てみよう。


”コネクターが折れました”

 


”航空機のジェットエンジンです”

 


”広々としています”

 


”私は今、栄にいます”
このように一言で表せるメッセージをイメージしてみると
被写体の様子がよく分かる構図を、自然と意識できるようになる。
何が写っているのか分からない写真では、
よほど芸術的な写真でない限り「イイネ」とは言えないだろう。
しかし、何が写っているのか、そこから何を伝えたいのか、
それが分かれば「イイネ」という反応を引き出すのは、より簡単になる。

 

メッセージがない写真の例

余計なものが入りすぎていて、主題がぼやけている例

被写体の様子が分からない例

 

写真のテクニックを学ぶ前に

まずは、撮りたいものを画面の真ん中でしっかりと撮ろう。
写真を撮り、それを人に見せて何を伝えたいのか。
写真にメッセージを込める練習をしよう。
そこそこ悪くない写真ならそれで十分だし
もっと上手な写真が撮りたくなったら、
そこからカメラの機能や構図、光の当て方を勉強してみればいい。
まずは基本の「メッセージ」を意識することで
シロウトでも、それなりに見られる写真が撮れるようになるはずだ。


Facebookやってます(フォローはお気軽にどうぞ)

https://www.facebook.com/rei.ishi

こんな記事を書いています

減速比や変速比とは?最終減速比が上がればトルクも上がる?

スマホでキレイなイルミネーション写真を撮る超簡単テク!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930