工業×執筆 のハイブリッドな視点から工業、製造業の世界を言葉にする

見たくないWeb広告を消す方法

Pocket

楽しみのためだったり、調べ物のためであったり
色々な目的で訪れたサイトにWeb広告が貼られているケースは多い。
だが時に「見たくない広告」を目にしてしまうこともある。
そんなとき、広告の種類にもよるが、抵抗する手段が実はあるのだ。

ポイントは、広告欄の右上にある小さな✕印だ。
このように✕印がある広告は消すことができる

広告の消し方
手順はかんたん。
①✕マークをクリック(タップ)する

web%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%b6%88%e3%81%97%e6%96%b91-1
②「問題がある広告として報告」をクリックする

web%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%b6%88%e3%81%97%e6%96%b91-2
③どういう問題があるのかを選ぶ

web%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%b6%88%e3%81%97%e6%96%b91-3
④広告は消える

web%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%b6%88%e3%81%97%e6%96%b91-4

残念ながら再度ページを訪れると
同じ場所に広告が出てくることも多いのだが、
少なくともそのページを見ている間は、広告が目に入らずに済む。
また「そのような広告は見たくない」という報告が増えることで、
広告掲載元に何かしらのフィードバックが行われ
長期的な目線で、不愉快な広告を減らす一歩になるだろう。

ちょっと興味を引かれる広告であったり、
特に気にも止めずに流すことのできる広告ならばいい。
けれど時々、嫌な気分になる広告が貼られているのも事実だ。
特に多いのが、Web漫画の広告。
より衝撃的なシーンを載せたほうが興味を引くという理論は分かるが、
虐待、暴力、グロといった絶望的なシーンだけを見せられるのは不愉快だ。
中には物語の前後関係で救いのある話もあるのかもしれない。
だが、切り取られているのはきわどいシーンだけ。
話の中にあるかもしれない救いは残らず、嫌な気分だけが残る。

Web漫画の便利さもよく分かる。
実際にいくつかの作品をWeb漫画で追いかけていたりもする。
でも、不愉快な広告にはNOを突きつけたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031