工業×執筆 のハイブリッドな視点からエンジニアの世界を表現する

ベルツ水 お手軽簡単、保湿化粧水の作り方

Pocket

寒くなってくる季節、気になるのはお肌の乾燥だ。
そこで今日はとってもお手軽な保湿化粧水
ベルツ水(グリセリンカリ液)の作り方を紹介する。

 

ベルツ水の材料

・水(精製水または水道水) 70ml
・エタノール 20ml
・グリセリン 10ml
・アロマオイルなど(お好みで適量、無くても良い)

 

ベルツ水の作り方

①水70mlにグリセリン10mlを入れる
②エタノール20mlにアロマオイルを2~3滴溶かす
③①に②を入れてよくかき混ぜる
*アロマオイルを使用しない場合は①にエタノール20mlを混ぜて完了

 

以上で完成!!
なんとお手軽なことか。
別に化学反応などを起こしているわけではないので、分量が少々適当でも何ら問題はない。
使わなくなった計量カップなどでザックリと作ってもらえれば十分だ。

 

ベルツ水を作るときのポイント

ただし1個だけポイントがある。
それは②の工程だ。
基本的にアロマオイルはそのままでは水に溶けることはない。
そのままアロマオイルを垂らしてしまうと、分離してしまうのだ。
そこでいったんエタノールに溶かし、それを水に入れるのである。

 

アロマオイル使用の注意点

ここではアロマオイルを使う方法を紹介しているが、

アロマオイルを使用する際には、つぎの2点に注意をしておいてもらいたい。

1.皮膚に塗っても大丈夫なものを使うこと

2.ペットなどに影響がないか確認すること

 

 

ベルツ水の白濁=エマルジョン(乳化)について

ちなみに、

アロマオイルの溶けたエタノールを水に入れると、このように白くにごってしまう。

精油の乳化

これはエマルジョン、つまり乳化と呼ばれる現象で、
エタノールに溶けたことで細かくされたアロマオイルの粒子が
水の中に混ざりあうことでおきるのである。
対立していたチーム水とチーム油が、チームエタノールの働きによって歩み寄ったものの
本当に彼らがなじみ、一体となるには少々時間がかかるという、ただそれだけのことだ。
この白いにごりも、時間が経つといつの間にか透明に戻っている。

 

ベルツ水とは

ちなみにこのベルツ水
明治期に来日したドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツ氏が調剤したとされており、
今も皮膚科などで保湿剤として処方されることもある。
それだけ効果もあり、安心して使うことができるものなのだ。
これからの季節、
特に家事を主に担う人間にとっては、水仕事の間の手の乾燥は気になるところだ。
しかも少しすればまた次の水仕事がある状況では
ハンドクリームを塗っても、ベタつくばかりで、なかなか使う気にはなれない。
そんなときにもこのベルツ水ならば全く気にせず使うことができるので、ありがたい。

また、かかとやひじ、ひざなどの硬くなった皮膚には、
まずはこのベルツ水をつけて、皮膚をやわらかくしてからクリームをぬると
ただクリームを塗るのにくらべ、大きな効果が実感できるだろう。

そして何よりうれしいのが、価格である。
材料である精製水も、エタノールもグリセリンも、薬局などで
500ml入りのボトルがだいたい500円くらいで売っている。
つまり100mlのベルツ水を作るのにかかるのは、たったの100円くらいだ。
安い!!
これならば、お腹まわりや腕足など、
広範囲の乾燥にも、安心してジャブジャブ使うことができる。

さらりとした使い心地で年間を通して使いやすいベルツ水。
乾燥が気になりはじめるこの時期に、試してみてはいかがだろうか?

ベルツ水

 

Facebookやってます(フォローはお気軽にどうぞ)

https://www.facebook.com/rei.ishi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930