工業×執筆 のハイブリッドな視点からエンジニアの世界を表現する

高度100km 宇宙の定義

Pocket

空と宇宙の境はどこにあるのだろう?
地上から空に飛び上がって、そこからどれだけ行けば宇宙なのだろう?
そんな疑問を抱いたことはあるだろうか。

 

空と宇宙の境は高度100kmにある。
海抜100kmをカーマン・ラインと呼び、
このラインを超えることを「宇宙に行く」と定義しているのだ。

 

では高度100kmというのは、だいたいどれくらいなのか。
他と比較してみよう。
エベレスト:8.8km
航空機:10km~13km
スペースシャトル:300km~400km
国際宇宙ステーション:400km
気象観測衛星:36000km

 

つまり、航空機などで日常的に行き来される場所には遠く、
JAXAやNASAなどが開発を行っている場所よりは地上に近いということだ。

 

ちなみに最近、アメリカをはじめ日本でも
民間による民間のための宇宙旅行の開発なども進んでいるが、
ここが狙うのも、だいたい高度100kmちょっとである。
「宇宙」と聞いて一般的にイメージされる、暗い空と青く丸い地球の映像は、
だいたい30km~40kmから観測することができる。
この高度は「風船で撮った宇宙の映像」などが撮られる高度であるから、
高度100kmまで行くことができれば、
そこにはまさに「宇宙」といった光景が待っていることになる。

 

近いようで遠い、遠いようで近い。高度100km。
子供の頃に憧れた世界は、名古屋から京都くらいの距離にある。

 

 

Facebookやってます(フォローはお気軽にどうぞ)

https://www.facebook.com/rei.ishi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930